魔王猫の奇門遁甲とは

奇門遁甲とは



簡単に説明すると、ある日時にある方角に移動する事で、吉運を手に入れる占術です。

九干・八門・九星・八神・九宮(気学)の要素から成り立っています。

十干の内、乙丙丁を三奇と呼び、甲は姿を消し遁れている事から、遁甲と呼ばれ、 それプラス、上の図の八門を足して、奇門遁甲と呼ばれるのです。別名、八門遁甲と言います。 日本の九星気学は、奇門遁甲から九宮を取り出した簡易版なわけです。 九宮(気学)は、奇門遁甲の星の中では、一番作用が弱いとされています。 奇門遁甲では、全方角を45度の8分割して使用します。

開運の王者と呼ばれる、奇門遁甲ですが、引っ越しや、旅行で使います。 一般的には、旅行での方位を聞かれることが多いです。 良い方角へ行って、楽しい旅と運気を手に入れよう!って感じです。 徳川家康は、移動する方角が常に、吉方位だったという伝説があります。

もっと日常的な使い方だと、毎日の散歩・ウォーキングのコースで使用したり、 恋人とのデート、会議、商談などで使えたりします。 問題なのが、中々、良い方位が廻って来ないことです。 行きたい旅行先などがあったら、前もって方角を調べておく必要があります。 引っ越しの方位になると、もっと厳しくなります。

毎日、ホロスコープで星の位置を確認するように、方位の吉凶も確認しておくと、 いざと言う時、急に休みが取れた時など、直ぐに出かける事が出来ます。 私の家から、北西に高尾山があります。なので、北西に吉方位が来るのを待っていたりします。 注意が必要なのは、行きたい場所が、方位の境界線にある場合です。 この場合、北と北西の場合、両方とも吉方位になった時に、出かけるわけです。 私の家から、南や東南は海になってしまうので、ほとんど使うことが出来ません。 東だと海を越えて、千葉という感じです。これは、ギリギリ使えるコースだと思います。 開運するのは、楽では無く、むしろ凶方位へ行っての失敗が多いようです。