魔王猫のプロフィール

プロフィール(略歴)

1971年生まれ 神奈川県出身 太陽かに座・月しし座の男です。

占いに興味を持ったのは、高校生の頃、家で「算命学」の古本を見つけたのがきっかけです。 父親がどこかで買って、放置しておいたのだと思います。 その本には、巻末の表から、人体星図を書き出し、自分の宿命を知るというものでした。

16歳の少年が、人生・運命・宿命なんて考えるわけもなく、日々、遊んでいました。 遊ぶと言うより、中学・高校と運動部に入ってしまい、夏休みは無かったです。 ある意味、厳しい人生を選択してしまったという事です。 そんな中で、人の運命や運勢、相性などが書かれた本を見つけ、ドキドキしながら読みました。 私の主体となる星は、禄存星というもので「義理人情と財運」がキーワードでした。 他人に優しく、金銭運は使うけれど、入ってくると書かれています。 良いことが書いてあると、人間て信じるものですよね。 同じ星に、俳優の高倉健さんがいると書かれていて、おもいきり信じましたよ。 当時、私の母は「六星占術」に、はまっていて、ボロボロになるほど読んでいました。

私が東北の大学を卒業し、実家に戻って来て、暫くすると野良猫が家で子供を産みました。 子猫が三匹生まれました。その後、私は自動車事故を起こしてしまいます。 普段は安全運転なのですが、その日は道路がガラガラで、エンジンを回そうと思ったのです。 80キロくらい出ていたと思います。カーブの先で、おばあさんの車が横向きで停車してます。 私は、焦って急ブレーキを踏みました。おばあさんの運転席側に車が突き刺さりました。 「やってしまった!?」と、私は車の中で思いました。 でも、おばあさんに怪我は無く、奇跡的なことだと警察官は言っていました。 私は、子猫たちが守ってくれたのだと、瞬間的に解りました。

その後、そのおばあさんのお見舞いに、鎌倉へと行ったのです。 帰り道、「占い」という黄色い看板が本屋さんの前に、立てかけてありました。

★ここで私の人生を変える事になる、師匠(林 隆造先生)と出逢ったのです。★

私は、今回の自動車事故は、運勢的に関係があるのか?と、思っていたので入ってみました。 小さな個室の中に、60歳くらいの男の先生がいました。 生年月日と生まれた時間を聞かれ、それに答えると、 その先生は、ボロボロの万年暦を見ながら、速いスピードで干支を書いていきます。 時柱は暗記していたのでしょう。あっと言う間に、四柱推命の命式ができました。 それには、傷官・偏財・偏官と難しく力強い、漢字が書かれていました。 そして、五行と変通星で、私の能力や才能、運勢について色々と説明してくれました。

面白い!すごく神秘的で、素晴らしい!私は、大感動して帰りました。 そして、駅前の本屋さんで、「四柱推命入門」を購入して、先生の言っていたことを復習です。 なるほど〜中国の四柱推命って、すごい歴史があって、運命学の帝王と呼ばれているのかぁ。 当時、三木照山さんの本を、ボロボロになるまで読み返しました。

解らない!身旺・身弱の境界線が解らない!通変星と十二運で見るとか本に書かれています。 火と土は、同じ十二運になるのは何故?火と土は別物でしょ? 私は、四柱推命に、どっぷりはまってしまいました。 再び、鎌倉の先生に質問してみようと、出かけていきました。 「十二運は当たらないので、私は使っていないよ。」と、先生は言います。 独学で四柱推命を研究し、統計を取って来たそうです。流石は先生だと思いました。 先生は家が戸塚だったので、私も一緒に横須賀線に乗って帰りました。

私にとって、先生との電車での会話時間は、最大の勉強時間でした。 ほんの数十分しかない乗車時間の中で、四柱推命や占いについて、話を聞きました。 ある日、「君は易をやらないのか?」と、聞いてきました。 先生のメインの占いは、周易だったのです。周易入門の本を紹介してもらいました。 その先生は、桐の箱にサイコロを6つ入れて、えいっ!と、頭上に振り上げ占います。 西洋だと、タロット占いですね。東洋だと周易・断易になります。 四柱推命は的中率の高い、素晴らしい占いだけど、生年月日時のデータが無いと使えません。 明日の天気、裁判の勝ち負け、商談、失くし物、恋愛運(相手の気持ちとか)など、色々なことを占えるのが易占いです。

そして私は、独学で四柱推命を勉強して、占い会社を通してデビューしました。 占い会社から、気学の資格を取ってくださいと言われたので、通信講座で資格を取得しました。

■1995年に、「気学師範鑑定士」を取得しました。免状が、部屋に飾ってあります。

気学の、祐気取り、お水取り、お土取り、引越しの方位、運勢・性格・相性・家相などを学びました。 私は四柱推命が、命術の帝王だと思っていたので、気学なんて使えないよと思っていました。 実際、鎌倉の先生も気学は当たらないし、人間を九つに分けるのは無理があると言いました。 同級生は、みんな同じ時期に、結婚するのか?と言うことです。

私は占い鑑定で、一緒した女性占い師の先生から、タロットカードをプレゼントされました。 タロットカードを、一枚一枚見ていくと、何とも言えない不思議な印象を受けました。 四柱推命という統計学と違い、タロットはインスピレーションを使う別の占術なのです。 アレクサンドリア木星王さんの本を買って、意味を調べたりしました。

暫く鑑定していて、私の女性客(魚座)から、「先生は西洋占星術はやらないの?」と、 聞かれました。私は、四柱推命があれば十分だと思っていたので、やらないと言いました。 でも、暫くしてから、ルル・ラブアさんの「占星学」を読み、スターゲイザーを購入しました。 ホロスコープは、四柱推命と違い、多くの分野を解読できる!と、その時知りました。 そして、松村潔氏の「最新占星術入門」を手に入れました。よく解らない。 この人の文体は、何か難しく翻訳したような感じだなぁと思いました。 ただ、書いてあることは、とても素晴らしく、豊富なテクニックが書かれていました。

その後、松村潔氏の主催する、「通信虎の穴」に入会しました。無料だったからです。 そこで、ハンドルネームを付けることになり、【魔王猫】をハンドルにしたのです。 家で飼っていた愛猫の「マオ」+「猫」で、魔王猫になったわけです。 2000年頃の話です。当時は、まついなつきさん・いけだ笑みさんなど現在では一流の、 人たちがいて、色々とメールをしたものです。ほとんど記憶はありませんが(笑)。

また、松村潔先生の講座CDも手に入れて、勉強しました。 松村先生は、本では難しいこと書いていますが、授業ではとても面白い人物です。 太陽うお座・月みずがめ座の松村先生は、やはり遠い宇宙の存在のようです。 私は松村先生の著作物と出逢い、「常識に縛られるな!」と言うことを学びました。 常識とは、所詮は人間が作ったものであって、誰にでも通用するものじゃないと。 他人を自分の物差しで計ってはいけないと、学習したのでした。すごく重要なことです。

私は現在は、タロット・西洋占星術・四柱推命の研究を続ける、プロ鑑定士です。 占い会社所属というのは、私の自由人気質からすると鬱陶しかったです。 占いの研究は、20年以上になります。 そろそろ、自分個人で営業しても良いだろうと思い、現在に至ります。

ずっと占い師をして来たわけでなく、就職して働いていた時期もあります。 かなり多くの職業を経験しました。それは現在の占い業務に活きています。

私の占いは、常識に縛られないものです。 人間が決めた法律や、正義というものは、宇宙からすれば全く的違いなことが多いのです。